JUMP for The Earth

PHILOSOPHY

かけがえのない雪山の自然環境を、
次世代に残していくために。
スノースポーツの素晴らしさを、
次世代に伝えていくために。

スキージャンプ 髙梨沙羅選手が発起人となり、
スノースポーツアスリート、子どもたち、
地域の人々、
賛同企業と一緒になって、
日本の雪山の自然環境とふれあい、
まなび、まもる活動を推進していきます。

MESSAGE

私たちが今、
このスキージャンプ競技に打ち込めている環境は、
当たり前のものではなく、かけがえのない自然のおかげです。

近年の地球温暖化による雪不足は、競技へも深刻な影響を及ぼしています。
私も、世界各地を転戦する中で、その現状に危機感を感じています。

自然環境を次世代へ残したい。
スキージャンプ競技の素晴らしさを伝えていきたい。
それが、私の願いです。

だからこそ私も、できることからお手伝いがしたいと思っています。

かけがえのない自然を、雪を、次世代に残すために。
いま私たちができることを。
楽しみながら、一緒に参加してみませんか?

髙梨 沙羅

ISSUE

気候変動・環境問題と、雪山の今。

世界の気候変動や環境問題は、私たちの暮らしや自然の生態系に影響を与えています。その深刻な変化は、日本でも、世界でも、雪山で顕著にあらわれています。雪不足によるスキー場の閉鎖や、人工雪の対応による弊害などの問題が現れてきており、競技としてのスノースポーツ、スノーレジャー、雪山で働く人々、暮らす人々など、多くの人々に深刻な影響が出始めています。

いま起きているこれらの問題を直視し、かけがえのない雪を守っていくために、スノースポーツを愛する私たち一人ひとりが、できることから行動していくことが求められています。

CONCEPT

FUN
自然と
ふれあう
LEARN
自然から
まなぶ
SAVE
自然を
まもる

楽しみながら、できることから。
みんなで、笑顔で。
さまざまなイベントや
取り組みを展開していきます。

ACTION

クリーンアップイベント開催

市制施行135周年記念事業
「第50回蔵王山クリーン作戦」

トレッキング&
クリーン アクション
in 蔵王
2024.6.1(Sat)
9:00~12:00

場所:アリオンテック蔵王シャンツェ

初夏の蔵王で自然の恵みに触れ、
その大切さをあらためて知る
クリーン活動へ一緒に
参加していただける方を募集します。
募集要項
市制施行135周年記念事業
「第50回蔵王山クリーン作戦」
JUMP for The Earth PROJECT
トレッキング&クリーン アクション in 蔵王
開催日時
2024年6月1日(土)
集合9:00 解散12:00
会場
アリオンテック蔵王シャンツェ
内容
プログラム1
  • ・トレッキング&クリーンアクション
プログラム2
  • ・トークショー 
    テーマ「スポーツから考える環境アクション」
参加方法
事前に所定の応募フォームよりご応募ください。
※応募は締め切りました。
参加費
無料
定員
100名(抽選)
参加資格
小学生~
(小学生の場合は、必ず保護者同伴でご参加ください)
申込締切
5月18日(土)18:00
当選発表
5月22日(水)
※厳正なる抽選の上、当選者の方には事務局よりメールにてお知らせします。

TIME SCHEDULE

09:00
受付・集合
<アリオンテック蔵王シャンツェ>
09:35
髙梨沙羅選手より、
参加者の皆様へのご挨拶
09:45
出発(1時間前後のトレッキングコースです。詳細は当日お知らせします。)
11:00
トレッキング&クリーンアクション 終了
JUMP for The Earth PROJECT トークショー
ゲスト:
井本 直歩子 さん
(一般社団法人SDGs in Sports 代表)
田渡 凌 選手
(B.LEAGUE・B2・福島ファイヤーボンズ所属 日本バスケットボール選手会長)
12:00頃
終了(時間は当日の進行により変動します)

トークショー 
スポーツから考える環境アクション

髙梨 沙羅(たかなし さら)
スキージャンプ選手

小学2年生からジャンプを始め、2011年2月のコンチネンタルカップにて国際スキー連盟公認国際ジャンプ大会での女子選手史上最年少優勝を果たす。その後、FISワールドカップにおける4度の総合優勝などを経て、18年平昌冬季五輪では銅メダルを獲得。FISワールドカップでは、男女を通じて歴代最多の63勝、また男女歴代最多116回目の表彰台に立つ偉業を成し遂げた。

井本 直歩子(いもと なおこ)
一般社団法人SDGs in Sports 代表

1996年アトランタ五輪4×200mリレー4位入賞。英マン チェスター大大学院 貧困・紛争・復興コース修了。国際協力機構(JICA)、国連児童基金(ユニセフ)のスタッフとしてシエラレオネ、ルワンダ、マリ、ハイチ等、世界各地の発展途上国で平和構築、教育支援に従事。東京オリンピック・ パラリンピック組織委員会ジェンダー平等推進チーム アドバイザー。現在はスポーツ界のSDGs推進、ジェンダー平等および環境・気候アクションの活動に従事する傍、大学院で気候変動教育を研究している。共著「14歳 からのSDGs」明石書店

田渡 凌 (たわたり りょう)選手
B.LEAGUE・B2・福島ファイヤーボンズ所属
日本バスケットボール選手会長

東洋大学京北中学、京北高校卒業。オローニカレッジ(アメリカ、カリフォルニア州の短大)卒業、ドミニカン大学カリフォルニア校(カリフォルニアの4年制大学)マスメディアコミュニケーション学部卒業。 帰国後横浜ビーコルセアーズ入団。広島ドラゴンフライズ、三遠ネオフェニックス、熊本ヴォルターズを経て現在福島ファイアーボンズ所属。キャプテンを務める。 U16、U18、U24日本代表。2022〜日本バスケットボール選手会会長。 2021〜Hero's メンバー就任。2019-20season BリーグMIP 受賞。 同シーズンオールスター選出。2019-20 TERRACE HOUSE TOKYO 出演

髙梨沙羅選手メッセージ 市制施行135周年記念事業「第50回蔵王山クリーン作戦」に
JFTEとして参加ができること大変嬉しく光栄に思います。
いつも試合や合宿でお世話になっている山形蔵王で皆さんと共にクリーン活動が出来る事
応援してくださる皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです。
この活動を機に自然の良さを知り、環境に触れて考えられるような活動に出来たらと思います。

諸注意事項

  • ・荒天時、天災の影響で中止になる場合がございます。詳しくは当ホームページをご確認ください。
  • ・山道を歩くため、トレッキングシューズや登山靴、飲料品などの携行品をご準備ください。
    日帰り登山の装備をされると安心です。当日の体調は万全にお願いいたします。体力的に心配がある場合は、ご相談ください。
  • ・本イベントは山道を散策しながら、ごみを拾うことを目的としております。当日は皆さんに軍手とゴミ袋をお配りします。
  • ・お車でご来場の場合は、竜山駐車場へ駐車スペースをご用意しておりますので、ご利用ください。
  • ・当日は報道関係者による写真や動画撮影が行われており、参加者のみなさまが映りこむ場合もございます。
    それらは、JUMP for The Earth PROJECTならびに後援・協賛企業の広告物、取材メディアによるテレビ/新聞/雑誌/WEBなどに露出/掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

本イベントについてのお問い合わせ

JUMP for The Earth PROJECT事務局
メールアドレス: [email protected]

主催
JUMP for The Earth PROJECT
協賛
  • kuraray Possible starts here
  • alco International
  • aliontek International
  • Mimaki
  • diamondmark

応募は締め切りました

FIS女子スキージャンプワールドカップ2024
札幌大会
Hospitality Booth

JUMP for The Earth
action with 藤女子高等学校
2024.01.14(Sun.)
9:30-13:00

場所:大倉山ジャンプ競技場(札幌市中央区宮の森1274)
札幌オリンピックミュージアム・アネックス前

髙梨沙羅と藤女子高等学校(北海道・札幌市)の1年生〜3年生(24名)・OG(2名)が、「JUMP for The Earthプロジェクト」と「藤女子高等学校Blue Earth Project」コラボブースにてマイボトルバーを実施しました。

JUMP for The Earth PROJECT
活動第二弾開催

JUMP for The Earth
action with 藤女子高等学校
2023.10.19(Thu.)
9:00-11:20

場所:藤女子高等学校(北海道札幌市北区)

髙梨沙羅と藤女子高等学校
(北海道・札幌市)の1年生123名が、
自然環境を守るために
ワークショップを開催しました。

髙梨沙羅選手と一緒に
雪山の美しい自然を次世代に残そう!

トレッキング&
クリーン アクション
in 蔵王
2023.6.24(Sat)
10:30~14:00

場所:アリオンテック蔵王シャンツェ

夏の蔵王で自然の恵みに触れ合い、
その大切さをあらためて知る
ワークショップを開催。

PARTNERS

井本 直歩子 Naoko Imoto
一般社団法人SDGs in Sports 代表

1996年アトランタ五輪4×200mリレー4位入賞。
英マン チェスター大大学院 貧困・紛争・復興コース修了。
国際協力機構(JICA)、国連児童基金(ユニセフ)のスタッフとしてシエラレオネ、ルワンダ、マリ、ハイチ等、世界各地の発展途上国で平和構築、教育支援に従事。
東京オリンピック・ パラリンピック組織委員会ジェンダー平等推進チーム アドバイザー。
現在はスポーツ界のSDGs推進、ジェンダー平等および環境・気候アクションの活動に従事する傍、大学院で気候変動教育を研究している。共著「14歳 からのSDGs」明石書店。

OUR SUPPORTER